院長 田所 浩(たどころ こう)

あんしんクリニック 院長 田所 浩

2013年4月に開設した当クリニックも3年目を迎えます。
 お陰さまで日々多くの患者さんに来院して頂いております。
整形外科の患者様は、ほとんど身体の痛みで来院されますが、痛み=病気 ではありません。日常生活での姿勢の悪さや体のかたさ、仕事や過度なスポーツによる筋腱の張りが原因となっている場合も多くみられます。
病気が疑わしい場合は出来る限り早く検査を行い確実な診断をつけ、積極的に投薬や注射・運動療法(保存治療)を行う事によって痛みをとることを目指します。
病気の状態ではなく、スポーツ障害などによく見られる筋腱の張りが原因の痛み(コンディション不良)には、患者様の状態にあわせた運動療法が必要になります。
当クリニックでの治療の柱は早期検査による確実な診断と理学療法士が行う運動療法です。そのため最新の機器を揃え、50名の理学療法士が直接患者様を指導・治療致します。

残念ながら保存治療では効果が上がらず、手術を受けざるを得ない患者様もいらっしゃいます。
私自身、脊椎外科医として年間約400件を執刀していますが、治療の最終手段である手術をする事は喜ばしい事では有りません。
手術を受けられる患者様の体の負担や術後の痛みの軽減、なにより早期に退院し、日常生活や仕事に復帰出来ることを考え、我々は出来るだけ内視鏡を用い、傷を従来法より小さくする最小侵襲手術にこだわり、日々研鑽を惜しみません。いたずらにリハビリと称した電気治療や湿布のみの治療で長期間放置され、治療の最適な時期を逃せば治りも芳しくなく、後遺症が残りやすくなります。その判断は外科医にしかできません。我々あんしんクリニックの医師は全員手術を行う外科医です。
整形外科で扱う病気は多岐にわたりますが、部位別に専門的に手術を行う外科医が外来を行い、外科医の“知”を提供し、最適な治療を提案致します。

1)交通の最も便利な三宮で祝日も診療を行うことにより1日でも早く診断と治療を行う。
2)外来は部位別専門性を重視し、あんしん病院の執刀医が責任をもって担当する。
3)検査設備を充実させ、出来る限り受診当日に検査を行い早期に診断をつける。
4)保存治療最大の柱である、理学療法部を充実させ(約50名の理学療法士が在籍)、治療だけでなく、予防医療や運動指導にも取り組む。

以上の4つのビジョンで、外来と手術に全力で取り組む所存でございます。

経歴

平成9年
神戸大学整形外科入局
神戸大学病院・加古川市民病院・大阪回生病院・新須磨病院・兵庫県立総合リハビリテーションセンターにて一般整形外科・外傷・スポーツ医療・関節リウマチ・人工関節手術など幅広い研修を行う。
平成14年〜
独立行政法人国立病院機構神戸医療センター(旧国立神戸病院)に勤務し、脊椎疾患・関節疾患を中心に多数の手術治療を経験する。
平成20年
あんしんクリニック(現 あんしん病院)にて人工関節手術や脊椎手術を精力的に行っている。

専門

人工関節手術や脊椎手術

  • 医学博士
  • 日本整形外科学会認定整形外科専門医
  • 日本整形外科学会認定脊椎脊髄病医
  • 日本脊椎脊髄外科学会認定脊椎脊髄外科指導医
  • 日本整形外科学会認定脊椎内視鏡下手術・技術認定医

就職説明・見学会 2017

理学療法士選考試験について

予約受付コールセンター
  • 休日明けや朝一は電話が混み合い、つながりにくくなっております。比較的お昼頃がつながりやすいです。予約の変更やキャンセルもこちらで承っております。

問診票ダウンロード

お問い合わせメールフォーム

  • メールでのご予約は承っておりません。お電話でのご予約となります。どうぞご了承下さい。

変形性膝関節症に伴う難治性膝痛の臨床試験にご協力ください

  • 変形性膝関節症に伴う難治性膝痛の臨床試験にご協力ください
▲ページトップ