骨粗鬆症外来

この度、あんしんクリニックでは骨粗鬆症リエゾンチームによる骨粗鬆外来を始めました。

現在日本は超高齢化が進み平均寿命は84歳となりましたが、介護の必要のない健康寿命は73歳であり、これは介護期間を10年以上必要とする事を意味します。この介護の原因の約12%が転倒による骨折であり、その大部分が背骨、足の付け根、手首、肩などの骨粗鬆症による骨折です。これらの骨折は寝たきりや車いす生活を引き起こし死亡の相対リスクを5~8倍にあげるといわれていますが、適切な骨粗鬆症の薬物療法を行うとで約50%が予防でき、また栄養療法と運動療法を併用して行うことでさらにリスクが軽減するといわれています。そこで、当院でも骨折予防を目的とした骨粗鬆症リエゾンチーム外来を開始しました。この外来では、骨粗鬆症を専門とした医師による診察と薬物療法に加え、骨粗鬆症マネージャーの資格を有した放射線技師による各種検査の説明、看護師による骨粗鬆薬の作用と副作用の説明および服薬指導、理学療法士による骨粗鬆症に適した体操指導、管理栄養士による栄養指導を行っております。多職種が連携したチーム医療により患者様1人1人に合ったオーダーメイドの骨粗鬆症治療を提供していく事を目的としております。
骨粗鬆症について少し話を聞きてみたい方、骨折が不安な方、骨密度を一度調べてみたい方など、お気軽に当クリニックにご相談ください。

骨粗鬆症リエゾンチーム

骨粗鬆症リエゾンサービスの取組みについて

当院の骨粗鬆症リエゾンチームは最新の知見を得て診療に生かすべく学会へ積極的に参加し、また当チームでの取り組みを学会にて発表し様々な専門家と意見交換を行っています。
日本骨粗鬆症学会学術集会:2019年4演題、2020年4演題(ともに全て口演:医師、看護師、放射線技師、理学療法士が発表)
そして、その演題のいくつかが日本骨粗鬆症学会が発行する骨粗鬆症に関する活動や情報を伝えるニュースレターである「OLSかわら版」に採用され掲載されましたのでホームページで報告いたします。

OLSかわら版 第7号



日本骨粗鬆症学会 リエゾンサービス

※Osteoporosis Liaison Service:骨粗鬆症リエゾンサービス

▲ページトップ