腰の痛み

腰痛を訴える人の率は最も高く、全人口では約10人に1人、65歳以上では約5人に1人が腰痛を自覚しています。整形外科を受診される患者の中で最も訴えの多い症状が腰痛です。腰痛が起こる病気はたくさんあり、内臓の病気でも腰痛が起こることがありますが、腰椎(体を支える腰骨)またはその周辺の組織・筋肉や神経に何らかの異常がおきている場合がほとんどです。
腰痛は幅広くあらゆる世代に見られますが、年代によっても原因に特徴があります。腰痛は突然起こったものなのか(急性腰痛)、いつの間にか始まって長く続いているものなのか(慢性腰痛)に大きく分けられます。慢性腰痛はひとくくりに「腰痛症」と呼ばれることもありますが、原因がわかればそれぞれの病名がつけられ、治療方針に沿って治療を進めていくことができます。
もうひとつ非常に重要なことがあります。腰だけが痛いのか、あるいは腰から響くような痛み(放散痛)や腰以外のおしりや太もも・脚の痛みやしびれも同時に出現していないかということです。腰骨の中には神経が通っており、それが分かれて脚の運動や感覚をつかさどります。腰椎の病気で神経を圧迫すると、脚が悪くないのに脚の痛みやしびれが出現することがあります。ひどい場合は、足の力が抜けたり(麻痺)、少し歩くと痛みや痺れで休まなければいけない(間欠性跛行)、排尿や排便の際に違和感を感じるといった神経の症状が出現することがあります。人間は痛みには敏感ですぐに受診する人が多いのですが、こういう神経の症状はひどくなるまで軽んじたり、年のせいにしてしまう傾向があります。ところが、こうした神経の症状は痛みよりも軽視できないサインで、治療が遅れると回復が難しくなる場合がありますので、なるべく整形外科の専門医を受診してください。

大まかな診察の流れを記します。

  1. 問診:どこにどんな痛みがいつ頃からあるのかなど詳細に聞き取ります。整形外科には関係なさそうな症状やずっと以前のけがの情報が役立つこともありますので、自分で判断せずに出来るだけ詳しく医師に伝えてください。
  2. 診察:整形外科の診察は、実は問診の前から始まっています。患者さんが名前をよばれて入ってくる時の姿勢や、歩き方や速度などから以外に多くの情報を得られます。患者さんの訴える症状に沿って診察を進めていきますが、関節の動く範囲を調べたり、痛いところのはれや変形がないかなど外見上の変化を確認し、筋力をみたり、柔らかいハンマーを用いたり、筆などをつかって神経症状を確認します。また、脚を持ち上げたりして、神経の症状の現れ方を見たりすることがあります。動かすと痛みやしびれが増強するようなことがありますが、それが大事な診断材料となります。どうしてもつらいときはあらかじめ医師に伝え、無理をしなくてもよいので、安心して受診してください。身体所見を調べるときは痛いところを見せたり、いろいろな動作や姿勢をとるので、動きやすく着脱しやすい服装で受診してください。
  3. 検査:画像検査は原則として問診や診察の裏づけをとるために行われます。レントゲン撮影を行い骨の変形やゆがみなどを確認し、治療方針を決定します。レントゲンは骨しか写らないので、神経の症状が著しい場合などはMRIという磁気を用いて体の断面をみる(神経や筋肉などに有効)検査を追加しなければいけないときがあります。また、骨粗しょう症(骨粗しょう症の項を参照)が原因と考えられるような腰痛の場合は骨密度の測定や採血が必要な場合もあります。
  4. 治療:治療の基本となるのは痛みを改善するための対症療法です。変形や変形が元に戻るわけではありません。治療の中心となるのが消炎鎮痛剤や筋弛緩剤やビタミン剤の内服です。貼り薬なども使われます。痛みが強い場合は注射(神経ブロックなど)をする場合もあります。そのほかコルセットを装着する装具療法や牽引療法・理学療法などがあります。家庭で自分で出来ることとして体操療法も重要です。腰を支えている背中やお腹の筋力を維持することは痛みの予防や軽減につながります。当院ではこうした体操も指導いたします。対症療法を行っても効果がなく、痛みが著しい場合や、病気の状態によっては手術が必要になることがあります。

以上に関してよりよく説明する代わりに現場での、患者さんからよくある質問に答えます。

腰の痛みについて

  • 以前よりずっと腰痛があるのですが…。
  • まず、腰痛の原因をはっきりさせる必要があります。背骨自身の問題である場合、筋肉が原因となっている場合、腰を通っている神経が痛んでいる場合、ストレスによる心因性など、様々な原因が考えられます。
    まず詳しい問診・診察を行い、レントゲン検査やMRI検査で原因を明らかにし、投薬・ブロック注射・リハビリなど、最適な治療を患者様と相談しながら選択していきます。
  • ぎっくり腰になりましたがどうしたらいいですか?
  • 実はぎっくり腰の原因はよく分かっていません。腰の筋肉の肉離れや、椎間板が痛んだ場合といわれていますが、分かっていることは、2週間ほどで約8割の方が治り、安静をとるよりも痛くても我慢して日常生活を続ける方が治るのが早いという事です。
  • 電気治療や牽引は効果がありますか?
  • 筋肉のストレッチ効果や血流が良くなるため、筋肉のコリが強い時や、姿勢による筋肉疲労が強い場合などには効果があると思いますが、神経の圧迫が強い時にはあんまり効果が無いと思います。
  • 坐骨神経痛といわれていますが…。
  • 坐骨神経痛とは、おしりから足まで響くような神経痛です。坐骨神経痛を引き起こす病気は、腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などで、腰で神経が圧迫されたことで症状が出現します。MRI検査などでターゲットを絞り、腰を治療します。
  • 腰から足への痛みとしびれがひどく、あんまり歩けません。
  • 腰で神経が圧迫される腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などでは、ひどくなると少し歩くと足がしびれて痛くなり、休憩すると少しましになる間欠性跛行(はこう)という症状が出現します。まずMRI検査などで原因を明らかにしてから適切な治療を行う必要があります。
  • 腰椎椎間板ヘルニアといわれていますが…。
  • 腰椎椎間板ヘルニアとは、椎間板の一部が破れて髄核が飛び出し、神経を圧迫するために神経痛が足に出現する病気です。腰痛だけを引き起こすことは非常に稀です。ヘルニアの診断には、詳しい診察とMRI検査が必須です。検査を行ったところ、今までヘルニアと言われていた方が、ヘルニアでは無かったということもあります。
  • 腰椎椎間板ヘルニアは手術しなければ治りませんか?
  • 検査で椎間板ヘルニアが確定すれば、まず投薬やブロック注射などの保存的治療を行います。椎間板ヘルニアは神経が圧迫される病気ですので、ひどい場合は麻痺が出現することがあります。麻痺の進行がひどい場合や、保存的治療に反応が乏しく、日常生活に支障を来たす時には手術が必要な場合もありますが、約8割の方は手術をしなくても治ります。痛みが良くなっても、筋肉のコリや体の硬さが残る場合は、腹筋や背筋のトレーニング、ストレッチなどを理学療法士と一緒にがんばる必要があります。
  • 腰椎椎間板ヘルニアの手術とはどんな手術ですか?
  • ほとんどの場合、腰椎椎間板ヘルニアに対して当院では内視鏡下椎間板摘出術(Micro Endoscopic Discectomy: MED)を行っていますが、再発ヘルニアや特殊なヘルニアでは切開手術が必要な場合もあります。
    MEDの場合、16mmの皮膚切開で筋肉のダメージも非常に少ないので、手術当日から歩行可能で、最短翌日には歩いて退院することも可能です。軽い事務仕事にはすぐに復帰できますが、スポーツ復帰や重労働にはもう少し時間がかかります。術後のリハビリも非常に重要です。
  • 腰部脊柱管狭窄症といわれていますが…。
  • 腰部脊柱管狭窄症はご高齢の方が多く、間欠性跛行(はこう)や坐骨神経痛が典型的な症状です。治療はまず、投薬やブロック注射を行います。ヘルニアと同様に、麻痺が進行する場合や、ほとんど歩けないような状態の方には手術が必要な場合もありますが、約8割の方は保存的治療で改善します。
  • 腰部脊柱管狭窄症の場合はどんな手術になりますか?
  • ヘルニアの手術と同様に内視鏡を用いた手術が可能な場合は、18mmの皮膚切開で手術当日より歩行が可能で、最短翌日には歩いて退院することも可能です。内視鏡で対応不可能な場合は、切開手術や固定術が必要ですので、その場合はもう少しの入院期間が必要です。

理学療法士随時募集

予約受付コールセンター
  • 休日明けや朝一は電話が混み合い、つながりにくくなっております。比較的お昼頃がつながりやすいです。予約の変更やキャンセルもこちらで承っております。

問診票ダウンロード

お問い合わせメールフォーム

  • メールでのご予約は承っておりません。お電話でのご予約となります。どうぞご了承下さい。

変形性膝関節症に伴う難治性膝痛の臨床試験にご協力ください

  • 変形性膝関節症に伴う難治性膝痛の臨床試験にご協力ください
▲ページトップ