医師 守重 昌彦(もりしげ まさひこ)

守重昌彦
こんにちは。
2015年春よりあんしんクリニックで働いている守重昌彦と申します。
2000年に神戸大学を卒業後、東京大学整形外科医局に所属し十数年間いくつかの大病院に勤務してきました。しかしそこで痛感したことは大病院的な医療の提供の仕方では患者さんの要望に殆ど答えられていないということでした。
そこで一年発起し、あんしんクリニックに飛び込んできました。あんしんでは、「それは無理、できない」と放り出さずに真摯に患者さんの困っていること・希望に向き合うことができます。そして、ちゃんと治すためにあらゆる手立てを尽くすことができます。

私は高校時代ソフトテニス部でしたが、膝半月板損傷のためチーム全体が目標としていた試合に出られませんでした。それが整形外科医として中高生のスポーツ外傷・障害に取り組みたいと思うきっかけとなりました。また、現在でもランナーとしてフルマラソン自己ベスト更新のためトレーニングを続けていますし、ソフトテニスの試合出場もしています。医師をしながらスキースクールでインストラクターをしていた経験もあります。そのため、学生から中高年までスポーツ障害・外傷に対しては共感と情熱を持って取り組ませていただいています。
私の治療コンセプトは“自由な身体を取り戻すこと”です。スポーツに限らず怪我や老化による痛みにより奪われた自由をとりもどし、パフォーマンスの向上を目指します。

外来診療ではエコー(超音波診断装置)を用い、レントゲンに写らない筋肉や腱・靭帯に対する画像診断を行っています。これにより他院で「レントゲンは大丈夫」と言われてすっきりしなかった方も迅速に診断し的確な治療を行うことができます。肩こり・腰痛をはじめとした全身の疾患に対する各種ブロック、筋膜リリース注射もエコーを用いて正確に行うことができます。痛みを和らげることと並行して理学療法士による適切な運動療法で、崩れたバランス、落ちた力を取り戻していただきます。
手術では、肩・肘のスポーツ疾患・変性疾患、膝をはじめとするスポーツ疾患全般、末梢神経障害(肘部管症候群、手根管症候群など)、骨折などを担当しています。徹底的な保存治療(手術を行わない治療のこと)が大前提ですが、それでも手術が必要となった方には関節鏡を中心とした低侵襲手術を行っています。

痛みやパフォーマンスの低下でお困りの方、あきらめずに一度受診してみてください。本気で治す整形外科医療をお見せします。

経歴

平成12年神戸大学医学部医学科卒業
平成12年東京大学医学部整形外科学教室入局
以後JR東京総合病院、心身障害児総合医療療育センター、水戸赤十字病院、茨城県立中央病院
関東労災病院スポーツ整形外科(日本で最初のスポーツ整形外科、膝前十字靭帯手術件数日本一)
武蔵野赤十字病院整形外科副部長(肩関節疾患・スポーツ疾患責任者)
平成27年4月よりあんしんクリニック

資格・所属学会

日本整形外科学会認定専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本整形外科学会認定運動器リハビリテーション医
日本体育協会公認スポーツドクター

日本整形外科学会、日本肩関節学会、JOSKAS(日本スポーツ・膝・関節鏡学会)、日本臨床スポーツ医学会、日本骨関節感染症学会、日本人工関節学会、日本骨粗鬆症学会所属

日本オリンピック委員会強化スタッフ(医科学)
日本ソフトテニス連盟医科学部会委員
ソフトテニスナショナルチームドクター
日本医師ジョガーズ連盟会員
かぐらスキースクール非常勤スタッフ

書籍

南山堂 「上肢臨床症候の診かた・考え方」
 第2章 肩関節・上腕部の臨床診断総論
 金原出版「整形外科災害外科 2015年6月号」 
肩関節疾患と肩こり
 ベースボールマガジン社 「最新版日本ソフトテニス連盟指導教本」
 第8章 ソフトテニスの科学理論 機能解剖学
など

理学療法士随時募集

予約受付コールセンター
  • 休日明けや朝一は電話が混み合い、つながりにくくなっております。比較的お昼頃がつながりやすいです。予約の変更やキャンセルもこちらで承っております。

問診票ダウンロード

お問い合わせメールフォーム

  • メールでのご予約は承っておりません。お電話でのご予約となります。どうぞご了承下さい。

変形性膝関節症に伴う難治性膝痛の臨床試験にご協力ください

  • 変形性膝関節症に伴う難治性膝痛の臨床試験にご協力ください
▲ページトップ